上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。
少しブログ更新が滞っております。

出店者情報、あげていきますので今しばらくお待ちくださいませ。
出店者、ワークショップ合わせてただいま30-40ほどお申し込みいただいています。

まだまだお待ちしていますので
ぜひ一緒に楽しんでくださいね!

ボランティアスタッフも募集中です☆
当日はもちろん、前日、それ以前でもお手伝いしていただける方
大歓迎です。

数時間でもありがたいです。
ぜひ一緒に丹波有機農業祭をつくっていってください!


丹波有機農業祭フライヤー
*Rolling Hillさん、4日午後に予定変更になっています。



さて、このイベント、一部を物々交換ということで
面白いと反響いただいていますが
本当に成り立つのか?

とのご心配もいただいています。

基本的な理念はこちらに以前書いていますが
本日はそれを裏付ける体験を少し書きたいと思います。


みなさんは地域通過をご存知ですか?

地域通過は世界中に存在し、特に経済が不況になると
現金を手に入れにくくなった庶民の間で
生活のニーズを満たすために
貨幣経済以外の経済手段として活発に使われてきています。


日本でも何百という地域通過が存在し
うまく機能していないものも多数ありますが

成功事例の一つ、
千葉県鴨川市ののAWAマネー
http://awamoney.net/


をまねて発足した

神奈川県相模原市のよろず
http://ameblo.jp/yorozuya-money/

に私も参加していました。
(実は今も参加していますが遠すぎて役立てられません)

ここでは100%地域通貨だけではなく、何割かを地域通過で
他は現金で、という方法も使っていることから


実際に自分の職業的なサービス提供に地域通貨を
導入している人が多数に上っています。

対外的に必要となってくる
経費や金銭的な生活の支えも同時に得られることが
その理由になっていると思われますが

服のリメイクや語学の指南、事務仕事やボディーワーク、セラピー
託児や送迎、ワークショップの提供料の一部、販売する物品
アート、飲食、草刈りや山仕事、畑の手伝い、ヘアメイクやカット
着付け、デザイン、スポーツのコーチ、家のリフォームなどなど
ないものはない、というほどのサービスを色々な人が
提示し、またメーリングリストで随時欲しいものや提供したいものの
やり取りがなされます。

それも、車で端から端まで数十分で行ける範囲内に
2百人を超える人が登録しているので
誰かが必ず応えてくれるという信頼・安心感!

ある程度の現金収入にもつながり、現金以外でのやり取りも
活発に行われ、実際的に生活の必要や豊かさを満たしてくれるものに
なってきています。

このシステムに参加しはじめて
私自身も感じましたが、「お金がなくても生きていけるような気がする」
と何人もの人が口にするのを耳にしてきました。

そして現金のやり取りだけでは生まれない
お互いに対する感謝の気持ちや親近感、仲間意識のようなもの。

自分たちの地域は自分たちで作っていけるという思い。

お金がなくては生活が成り立たない(自分ですべて自給自足のような生活をする以外には)
という常識をみんなで少し超えた、という経験は

もしかすると世の中の常識というものは覆すことが
やればできるのかもしれない

という常識に対する
基本的な考え方の違いを生み出しているようにも思います。


これが一つ、このイベントに物々交換を取り入れられると判断した
基本的な理由になります。


もうひとつあるのですが

みなさんは
ギブミーベジタブルというイベントをご存知ですか?
http://gimmevegitable.web.fc2.com/


以前、東京から来たというヒッチハイカーを乗せたときに
その人が企画しているイベントとして
そのギブミーベジタブルのことを教えてもらいました。

音楽イベントで、入場料は野菜。
アーティストはギャラとして野菜をもらって帰って
スタッフはそれでも野菜が残るからそれをもらうんだ、という話でした。
地元では野菜が有り余るほどあるから信じられないくらい沢山野菜をみんな持ってきてくれる、と。


これはなかなか面白い発想のイベントだな、とその時に感じましたが
さすがに経費がかかるのでそれでは難しいかな、とも一方では思いました。


さて、今回のイベントの経済を考えたとき

地域通過はその場で清算しきるものではなく、継続的に
その地域内で使っていくことで意味をなしてきます。

なので年に一度のイベントに地域通過を導入しても
日ごろから使えなくてはその本当の利点を感じてはもらえないだろうな、と
思っていました。


けれども

野菜だけでイベントが成り立つということは

地域通貨ではなく何割かは経費も必要なので現金、何割かは
自分の提供するサービスでそれを交換する、という方法をとれば
上手く成り立つのではないか、と仮定したのが
今回のイベントで採用した経済システムです。


ふたを開けてみないともちろんわかりませんが…

とりあえず、常識を少し、超えてみることができれば成功かな、と
思っています。

出店、まだまだ募集しています☆
ぜひ、みなさんも常識をちょちょっと超えてみてください!

自分の限界を壊す体験でもあるのかなぁ、とも思っています。
なかなか楽しいですよ♪







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。